FrontISTRの実業務適用を支援、専用結果可視化ツール

FUJITSU Manufacturing Industry Solution
TECHNOLOGY on CLOUD
FrontISTR Viewer

FrontISTR Viewer
3つの強み

  1. 1

    パートアセンブリ表示

    部品単位での表示切替や結果集計が簡単にでき、複雑なアセンブリの結果評価を効率的に行えます。

  2. 2

    直観的なインターフェース

    使い慣れたオフィスツールと同等のインターフェースにより、直感的に操作できます。

  3. 3

    高速描画による
    スムーズな結果ハンドリング

    1000万要素を超える大規模モデルでも、スムーズな操作が可能です。

このようなお客様に最適です

  • FrontISTRを導入し、本格的に業務で使いたい

    複雑なアセンブリモデルに対するFrontISTRの解析結果評価がしずらく、困っている。

  • 解析に不慣れな設計者とも、簡単にFrontISTRの解析結果を共有したい

    専任者向けの多機能なポストツールは、解析に不慣れな設計者の習得コストが高く困っている。

  • FrontISTRで計算した大規模モデルの可視化を行いたい

    大規模モデルの操作が重たくて困っている。

オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラム「FrontISTR」用結果可視化ツールです。パートアセンブリ表示、直観的なインターフェース、高速描画により、複雑な解析モデルの結果を簡単・効率的に評価できます。

対象

FrontISTRメッシュファイルおよび解析結果ファイル(resファイル)

効果

FrontISTRの解析結果が部品別に分かりやすく提示され、簡単な操作で評価できるようになることで、ポスト処理が効率化されます。

FrontISTRとは

FrontISTRは文部科学省次世代IT基盤構築のための研究開発「イノベーション基盤シミュレーションソフトウェアの研究開発」プロジェクトによる成果をシーズとして,継続的に開発されている並列有限要素解析プログラムです。

主な機能

基本機能

変形状態表示、コンター表示、断面表示、節点・要素番号の表示・検索、アニメーション

パートアセンブリ表示

部品単位(!SECTIONカードで区分される要素集合ごと)での表示切替や結果集計

異種材料界面での応力・ひずみ分離出力

FrontISTRでは平均化処理されてしまう異種材料界面での応力・ひずみを分離出力します(FrontISTR実行時に積分点出力の指定が必要です)

動作環境

以下の環境で動作確認を行っております。

項目 動作条件
CPU 特に制限はありません。
メモリ 4GB以上(推奨値)
OS(可視化ツール本体) Microsoft Windows 7, 8.1, 10
※64bitのみ
OS(コンバータ:注) Microsoft Windows 7, 8.1, 10
Linux: RHEL 6.5, CentOS 6.5, Ubuntu 18.04.1
※64bitのみ
画面解像度 1280x800以上(推奨値)
注)コンバータとは、FrontISTRの解析結果を、FrontISTR Viewerファイル形式に変換するプログラムです。

価格表

料金プラン 料金形態 価格(円) 備考
月額定額プラン 月額 30,000 解約の手続きがない場合、自動更新となります。
年額割引プラン 一括前払い 298,000 継続の手続きがない場合、自動解約となります。

FrontISTR Viewerが
選ばれる理由

  • 効率的なポスト処理の実現

    目的とする表示状態の実現や値の抽出が簡単な操作で行え、FrontISTRのポスト処理が効率的になります。

  • 操作のトレーニング不要

    解析ツール特有の操作スキルを必要としないので、解析ツールの利用経験が少ない設計者でも導入頂けます。

  • FrontISTRの運用を支援

    FrontISTRを現在利用している、また、これから本格的に業務活用したいというお客様に、不安なく解析結果評価を行うことができます。

FAQ(よくあるご質問)

Q

どの程度大規模なモデルを表示できますか?

A

1,000万要素モデルでの動作確認を行っています。

Q

自身でカスタマイズしたFrontISTRのコードを使い、新しい結果変数を出力しても大丈夫でしょうか?

A

FrontISTRのresultファイルフォーマットに従っていれば、新しい変数を追加する分には問題ありません。

Q

可視化ファイルを読み込むことはできますか?

A

読込できません。メッシュファイルおよびresファイル(全体データ)をご用意願います。